入れ歯だからいい

入れ歯の本当のおはなし

入れ歯の治療について

インプラントもブリッジもできない場合は、入れ歯の治療をすることになります。ただ、人工歯を出したり入れたりのわずらわしさ、気持ち的な部分で老けた気になってしまう、等で入れ歯治療を歓迎する患者は多くはありません。できることなら他に治療方法があるのなら、そちらを選択したいというのが本音でしょう。インプラントは保険適用外で治療費が高額になる、手術なのでそれにともなうリスクも考えなければならない等のデメリットがあります。ブリッジは周りの歯の状態によってはできない場合があります。

歯科医で入れ歯を馴染ませる

人間の歯は、加齢による歯周病の進行や虫歯、事故などの影響で、抜け落ちてしまうことが多く、高齢者は入れ歯を使用している割合が高いです。総入れ歯と部分的なものがあり、どちらも歯科医院で作ることができます。人工のものを口腔内に入れるわけですから、初めは違和感があり、痛みなどを感じることも多いですが、歯科医に馴染むまで微調整を行ってもらうことにより、身体の一部となって、またおいしい食事がとれるようになるメリットがあります。

↑PAGE TOP