学生時代に矯正歯科へ

大人になっても矯正歯科へ

矯正歯科治療は15歳になる前に

人間の歯は、乳歯から永久歯に生えかわります。問題なければ、きれいに歯が並びますが、顎の骨が小さかったり、おしゃぶりや歯ぎしりなどの癖がある場合は、生えてくる途中で別方向からの負荷がかかり、歯並びが悪くなってしまいます。この状態をきれいな状態に治すことを矯正と言い、実際に治療してくれる歯科を矯正歯科と言います。15歳を超えて矯正する場合は、しっかりした永久歯を力をかけて動かすわけですので、痛みを伴い、堅い物などが食べにくくなることがあります。

↑PAGE TOP