歯科と緊急痛み止め

歯科と緊急痛み止めについて

歯科の緊急時夜間診療の利用

夜中や日曜日など、病院の閉まっている時間帯に突然体調を崩してしまったというとき、夜間診療や緊急診療を利用しますよね。実は、歯科医院でも同じく診療を行っている場合が多いのです。たかが歯の痛みと思われるかもしれませんが、虫歯を放置しておくことは歯茎の化膿を引き起こし、口臭や頭痛の原因となります。歯科医院が開くまで我慢できる程度の痛みや軽い症状だというのならば良いですが、痛みがひどい場合、違和感が強く我慢ができない場合は、緊急診療を行っている医院を探し、すぐに診療を行ってもらうようにしましょう。早めの診療、治療で助かる症状は非常に多いです。

虫歯が痛いなら緊急で歯科治療を

虫歯が痛くなって緊急で歯科で診てもらいたいという場合には、基本的には予約制ですが、飛び込みでも急患として診てもらうことができます。また、地域の夜間、休日救急センターというものがあり、地域によって夜間の遅い時間でも診てもらうことができる場合があります。わからないという場合には、地域名と夜間・休日救急センターと入力すると調べることができるため、電話をして診療を受けられるか確認します。ただし、かかりつけの歯科のように定期的に治療を行うことができる期間ではないため、治療は一回が基本となり、応急処置として、どうしても痛みが我慢できないという場合に利用します。

↑PAGE TOP